外貨預金をするときの通貨の選び方

外貨預金は外国の通貨に変えて金融機関に預けることで金利による利息を得たり、為替差益を狙ったりすることができます。外貨預金に使える通貨は限られていて、通貨ごとに特徴があります。通貨の特徴を掴んで預金するという事も外貨預金を行う上で重要なポイントになります。

外貨預金に使える通貨は銀行ごとに違いがありますが、ドル、ユーロ、オーストラリアドル、ニュージーランドドル、ポンド、スイスフランといった通貨が主に外貨預金に使われる通貨です。

ドルは世界で最も流通している通貨で為替の変動も安定していて外国に旅行に行くときなどにも便利です。

ユーロはヨーロッパを中心に流通している通貨で、ドルと同じように安定した通貨です。

オーストラリアドルは為替変動は安定しませんが金利が高く利息での収入が期待できます。

ニュージーランドドルもオーストラリアドルに近く、為替変動が大きく金利が高い通貨になります。

ポンドはイギリスの通貨で金利の高さと激しい値動きが特徴的です。

スイスフランは世界の情勢に影響を受けにくく為替変動が少なく金利も低いといった特徴があります。

このように通貨の特徴を理解して外貨預金を行ってみるとリスクの管理もできて安心して利用することができます。

Leave a Reply